読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

300億円欲しい

メジャーリーグのデータ解析します

Shinyで作ったWebアプリを公開したい

RでWebアプリを作って公開する

RでWebアプリを作るパッケージとして, shinyがあります.

RStudio - Shiny

これを利用して, 自分でもWebアプリを作ってみた, という記事が前々回でした.
RでWebアプリを作りたい - 300億円欲しい

shinyアプリの公開方法は, 色々あります.
前々回は, Gistに公開したコードをRで利用して, ローカルで実行してもらう形をとりました.

しかしそれだと, Rを経由しないとアプリが動かせません.
Webアプリなので, ブラウザから使えるようにしたいです.

そこで, 自前のサーバーで公開することにしました.
PCA (Gaussian kernel)

リンク先で, 前々回記事のアプリが動きます.
こんな感じです.
f:id:gg_hatano:20140411233851p:plain
カーネル主成分分析について, ガウシアンカーネルに与えるパラメータの値を変えながら,
irisデータに適用して実行結果のグラフを作成しています.
スライダーで, パラメータの値を変えることができます.

shiny-serverを使う

さくらVPSを利用, shiny-serverを起動して, shinyアプリの公開を行っています.
RStudio - Installing Shiny Server Open Source

それだけです.
適当なサーバーにshiny-serverを入れて,
configに合わせてui.Rとserver.Rを適当なところにおいて,
shiny-serverを起動してブラウザでアドレスを叩けば, shinyアプリが開けます.
私の場合は,
/opt/shiny-server/config/default.config を見ながら,
site_dirに設定した場所に, ui.R と server.Rの入ったディレクトリを置くだけでした.

これで好きなshinyアプリを自由に公開できますね.
enjoy!